グローバルなスケールでのコスト削減を実現したワークフロー管理

国際的な主要消費財メーカーであるためには独自の課題があります。とあるメーカーでは何年にもわたり買収を繰り返した結果、パッケージングのワークフローが非効率になっていました。買収後の新人研修に時間がかかるため、この非効率さが利益をむしばんでいました。メーカーには単一のグローバルなワークフローシステムが必要でしたが、絶えず制作の依頼があるため、改善は段階的にしか進められない状況でした。

第一段階は、企業の既存プロセス構造に一致するようにカスタマイズされたBLUEエンタープライズグラフィックス管理SaaSの利用から開始されました。BLUEによって北米を横断的にすべてデジタルでプルーフィング、ワークフロー分析、そして追跡を管理することができました。第二段階では、我々は制作とプリメディアの双方においてサイクルと再加工時間を短縮しました。これに続く段階では、南米、アジア、アフリカ、そして中東でも同じ取り組みが進められました。このような統合がもたらした副次的な恩恵として、我々は北米、欧州、そしてアジアでの制作とプリメディア業務を任されることになりました。

シャークは顧客と以下のプロジェクトを実施しました:

複数の大陸でのグラフィックスワークフローの改変
グローバル化したデジタル資産管理のグローバル化
統合したライフサイクルサービス
カスタマイズしたBLUE制作管理SAAS
弊社に根付いたパッケージングワークフロープロセスに関する知識

結果:

再加工のスピードが50%アップ
制作スピードが30%アップ
年間40,000件超のブランドイメージのダウンロード
冗長性低減による$450万の費用削減
制作費用全体で30%の費用削減

workflow management