ビューティーケア

グローバルな美容ケアリーダーのアジア太平洋地域での成功を支援

欧州に本社を置く、グローバル王手CPGメーカーが新興市場での成長計画に基づいてシャークに支援の依頼がありました。それはアジア太平洋地域での長期的な成功に向けて、確実に準備できるよう、シャークの専門性を求めるものでした。

初期段階では日本を拠点に、中国、韓国、東南アジア、そしてニュージーランドを含む11ヶ所の市場から構成する運営委員会をシャークが設立しました。新たな印刷管理活動についての説明、トレーニング、各国のマーケティングメンバーに対して教育的キャンペーンを展開しました。これにより、地域および現地チームは新たな集権的モデルに徐々に馴染んでいきました。

シャークは現在および未来のワークフローとプロセスをマップ化し、さらにブランド基準を達成するため求められる新たなツールを開発しました。こうしたツールには標準化された報告用テンプレート、すべてのグラフィック資産とブランド固有の色、基準のライブラリーセンターがありました。新たなガイドラインについて、印刷業者と従業員に対して共有するトレーニングプログラムを展開しました。

シャークはデザイン会社と印刷業者の間に存在し得る、あらゆる食い違いを解決する是正措置を実行することで、ブランド・エクィティを保護を試みました。いくつかの印刷業者にてフィンガープリントテストを行い、新たな基準についての訓練を受け、一貫性の確保のために正確なカラーターゲットを与えられました。

デザインから印刷への工程の簡素化と最適化に成功し、同時に印刷品質の強化を実現し、強固な地域別グラフィック管理モデルを実現しました。

結果:

-20ブランドについて11ヶ所の市場を横断する集権化されたグラフィック活動:全11市場において修整が15%減少

-提携1年目には300,000米ドルの費用削減

-プロジェクトサイクル時間の30%の短縮

-当初6ヶ月間で報告段階でのエラーの10%減少

-欧州の代理店とアジアの印刷業者の間でのデザイン意図の食い違いの解決

-グラフィック工程の再マップ化、および継続的改善プログラムの実行

-印刷基準の強化、およびデジタル資産の継続的保護を可能に

-シャークトレーニングモジュールをメーカーの人材部の新人研修プロセスに導入

今日ではシャークはアジア太平洋地域の指名代理店に指定されており、高いKPIパフォーマンスの実現、そしてこのメーカーの長期ビジョンへの貢献を続けています。