複合ブランド向けのワークフロー最適化

朝食用食品カテゴリーが市場成長に応じてより複雑化・競争激化するにつれて、ある大手朝食用シリアルメーカーではパッケージデザインと制作プロセスを統合する方法が必要であることに気付きを得ました。このメーカーのブランドは北米およびラテンアメリカの食料品店、会員制スーパー、そしてコンビニエンスストアといった多数のチャンネルを横断的に販売され店頭に並べられているため、こうした統合はとりわけ重要でした。将来のブランドの整合性獲得から発展とブランド維持を見据えることまで、このメーカーには果たすべき大きな課題が存在しました。

シャークはその広範なワークフロー管理における経験と小売業界に関する深い知識を有していました。それらを活用して戦略的・創造的・そして実行的なシステムを開発しました。このシステムはBLUEエンタープライズ・アートワーク管理ソフトウェアを通じて、制作とグラフィックスのライフサイクル全体を連結し、これにより見える化されたプロセスが生み出されました。パッケージデザインと販促用品からPOPやクーポンまで、我々はブランドの品質、コンシステンシー、そして正確な改作を保証する途切れることのないプロセスを実現しました。

シャークは顧客と以下のプロジェクトを実施しました:

現場内に16人、そして現場外に60人の専門スタッフの配置
95人超の専任技術スタッフとサポートスタッフの配置
BLUEデジタルブランド資産、グラフィックス、およびガイドラインのライブラリー
5,100件超のプロジェクトの途切れのない管理

結果:

北米およびラテンアメリカにおける効果的な管理と展開
よりエモーショナルで一貫した顧客ブランド体験
迅速な市場進出への対応
ブランドポートフォリオ保護の保証

workflow management